FC2ブログ
そこのけそこのけお嬢が通る! | TOP > 伝書嬢
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008.05.23 (金)

伝書嬢

寝室のパソコンでお仕事してると、ダンナサンの携帯が何やら光ってる。

「携帯 なんか着信かメール着てるよ~」

と リビングでテレビを見ているダンナサンに声をかける。

「持ってきて~」

と返事。

「なぜ携帯を私が持っていく?」 もちろん持っていかない。

と そこへ嬢が頭を低くして たったったった とやってきた。
部屋をまたいで会話していたのが 面白かったらしい。
何やら嬉しそうな顔。

!そうだ! 嬢に届けさせよう!

近くにあったダンナサンのパジャマのパンツに携帯をくるんで嬢の首に結び
「嬢 これ届けてきて!」と 託す。

「嬢にもたせたよ~」とダンンダサンには声をかける。

嬢はその部屋をまたいだ会話でまたテンションが上がり
嬉しそうにダンナサンのもとへ走る。

無事 携帯は 届きました。とさ。

☆冷静に考えれば、そんなことをしてるぐらいなら、どっちかが移動するほうが
よっぽど早いのだけれど、伝書嬢が 可愛いので そんなことは気にしてはいけない☆


 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://blackjo.blog96.fc2.com/tb.php/98-f47f255d
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。